HeadLINE News &おすすめサービス -2012/8/6〜8/13-

先週1週間のソーシャルメディア界隈のニュースをピックアップ。厳選10本お届けします。

注目ニュース

LINEがSNS化!まずはAndroidから!

7月2日の発表から1ヶ月、ついにLINEがSNS化しました。
Androidが先行公開となっています。
これまでの1対1、グループ間のメッセージのやりとりではなく、
近況や写真を投稿できるようになった。
つながりが広がりすぎたFacebookや不特定向けのTwitterと違って、
完全にクローズドな世界なので、”素” の自分を出せるSNSになるのではないか。

Facebookがモバイル向けにはじめての非ソーシャル広告を開始

これまでのFacebookの広告は「友達」をベースにしたものだった。
つまり、自分の友達が「いいね!」といっているブランドやサービスの広告がでていた。
今回の広告は「友達のいいね!」は関係なく、Facebookのアプリの広告が表示される。
Facebookの収益化には役に立つのだろうが、ユーザ体験を損ねないように細心の注意が必要だろう。

Facebookがイギリスでリアルマネー賭博アプリを提供へ

賭博が合法的に認められているイギリスから、Facebook内通貨ではなく、実際に使えるリアルマネーを 賭けることができるアプリが登場する。
日本からはアクセスすることができない。
わたしのまわりでは一部批判的な意見も一部見られるが、「イギリスだけ」という縛りがあれば、
それはその国の文化に根ざしたサービスなので、どんどんやるべきだと思う。
ただ、上場後のFacebookはユーザ体験の向上よりも収益性ばかりを追ってしまっている気がする。。。

Googleが検索結果にGmailの結果を表示する実験を開始

多くのユーザはGmail上に重要なデータを持っていて、そのデータも一緒に検索できればとても便利そうだ。
わたしもよくGmailの中を検索する。
ソーシャルメディアによって、インプットする情報は検索ではなく、ソーシャルメディア経由で集めるようになった。
ただ、自分の中にたまっているデータはこれまでと変わらず検索している。
Googleの”検索” 技術の未来はとても楽しみですね。

LINE CameraがInstagramを超える勢いで1000万ダウンロードを達成

撮影した写真を加工して、LINEで友達に送ることができる「LINE Camera」が4ヶ月で1000万ダウンロードを達成した。
Instagramが1000万人を突破した日数より355日短い。(※ただし、Instagramはこの時点でiPhoneのみ)
LINEのアクティブ率を考えると、LINEで公開されるアプリはかなりの確率でダウンロードされそうだ。

Squareとスタバがモバイル決済で提携

スターバックスがモバイル決済「Square」と提携し、さらに2500万ドルを出資する。
「専用端末にタッチ」といった手間もなく、店にチェックインし、商品を選び、Squareのアカウントで決済。
と、従来の購入プロセスとは大きく異なる。
こうしたスマートフォンを活用した決済は今後もさらに増えるだろう。

ブリジストンがドライブの思い出を動画にするソーシャルムービーアプリ「Drive Link」を公開

このアプリでは一緒にドライブしているメンバ全員が撮影した写真をまとめて動画を作成し、
気分に合わせて、背景デザインや音楽を変えられるサービス。
ドライブしたルートも記録できる。
ソーシャルメディア時代は ”商品を売る” 広告ではなく、”経験・体験” が重要で、
ブリジストンはまさに ”タイヤ” ではなく、”ドライブ” という経験・体験にフォーカスしている。

mixiに新機能「近くにいる人とつながる」サービス

スマートフォンブラウザ版に新しい機能「近くにいる人と簡単につながるサービス」が追加になった。
友達が増えるきっかけの第1位は「直接あったとき」(mixi調べ)
スマートフォンからブラウザでmixi内の専用ページを開き、「せーの」で一緒にボタンを押すと
近くにいる友達の一覧が表示される。
mixiのユーザはブラウザからアクセスしているのだろうか・・・

ユーザローカルがPinterestランキングが公表

早稲田大学発のベンチャー「ユーザローカル」がPinterestランキングを発表した。
企業公式アカウントのトップは「Hello Kitty」
ランキングはユーザ数の基づいて集計される。
アカウントごとに、現在の順位、読者数増減の遷移、人気があった写真を見ることができる。

先日招待がなくても会員登録ができるようになったばかり。企業の活用は進むでしょうか。

ロイター、Twitterアカウントを乗っ取られる

Twitterがのっとりの被害にあった。
のっとられたアカウントはユーザ名が変更され、「シリア政府を支持する」ような内容のツイートがされた。
現在、アカウントを停止され、調査を行っている。
怖い怖い・・・

おすすめWebサービス&アプリ

自分のスキルやノウハウを売り買いできるサービスをご紹介。

ココナラ

すべてワンコイン(500円)と値段が決まっているため、
Web診断は特に人気があり、Webのプロからデザイン・SEOなどについてアドバイスがもらえる。

http://coconala.com/home

OREPON

家入一真さんが運営しているサービスで
「俺の時間・スキルを切り売りする」をコンセプトにしている。
現在は、出品者に制限があるため、自分の時間・スキルの販売はもうすこし先になりそうだ。

http://orepon.net/about

Abilie

Q&Aサービス「OK Wave」が運営するサービス。
「知識・スキルを売り買いできるマーケット -仕事でも使える個人サービス・マッチング-」とうたわれている。
ココナラとは異なり、自分で値段を設定することができる。

http://www.abilie.com/

わたしはまずココナラからはじめてみました。
『【0円からできる!】予算に合わせてホームページを作る方法をお教えします!』
http://coconala.com/services/1274


こちらの内容はメルマガとして毎週月曜朝7:00前後に配信しています。先週のニュースをいち早くご覧になりたい方はこちらから購読の申し込みをどうぞ!
メルマガを購読する



 
 

Profile