サッカー日本代表への提言 『3-4-3はやめて4-3-3を磨こう』

先日の北朝鮮戦が、ザック監督就任以来はじめての敗戦となった。
モチベーションの問題、ハンパないアウェイ感、反則まがいのプレーでコンタクトプレーで後手にまわった、、、
敗戦の理由はさまざま語られている。
とはいえ、課題がはっきり見れてよかった試合だったのではないだろうか。

というわけで、私から日本代表への提言を。

『3-4-3はやめて4-3-3を磨こう』

理由は、、、

① 3-4-3は日本のストロングポイントを消してしまっている。

日本のストロングポイントは、

・テクニック豊かな中盤
・両サイドバック


長友、内田がよい選手なのは疑わないが、彼らはDFである。
3バックを入れると5人のDFがフィールドにいることになる。
つまり、ストロングポイントひとつめの中盤の枚数が単純に少なくなってしまう。

さらに、長友、内田の良さまで消してしまっている。
ふたりとも前にスペースがある上での上下動を得意としている。
つまり、スタートは後ろである必要があるのだ。
3-4-3 の場合、スタートが高い位置である上に、前もつっかえている。
いつも窮屈そうにプレーしているのが目立つ。

4-2-3-1は遠藤あってのシステム

様々なところで書かれているが遠藤不在はかなり大きい。ま、これはわかっていたことだけど。
「3」の部分の3人をはじめ、一昔前と違い、バイタルエリアで勝負できるタイプのMFが増えた。
逆にバイタルエリアまで運べる選手が不足しているのが現状だ。
遠藤のボールを受けるポジションニングと縦パスの出し入れは、「お金を払ってでも見る価値がある」という言葉があてはまる。
「3」が欲しいタイミングで出してあげられるのは、現状遠藤だけじゃないだろうか。

そう、つまり遠藤がいないと格段に機能しなくなるシステムなのだ。

今野の使い方

あまり取り上げられていないが、ザックはこのまま今野をDFの柱にしていくのだろうか?
読み、カバーリング、スピードどれも日本トップクラスだが、高さがない。
簡単に放り込んでくる相手に対して跳ね返す能力は劣るのだ。
南アワールドカップのデンマーク戦だって、中澤・闘莉王でなかったら、、、、と思うくらいだ。
今野をセンターバックとして使うシチュエーションはこちらが主導権を持ち、攻める時間が長い場合に限るはずだ。

必要なのは攻撃的なオプションじゃなくて、守備的オプション

ポジティブに考えてみても、ワールドカップには格下より格上のほうが多いだろう。
いまの4-2-3-1 は十分攻撃的な布陣だと思う。
停滞した場合には、選手交代でかなり改善できるんじゃないかな。

逆にしっかり守りたいときに守れるオプションを用意しておくことのほうが重要だ。

そこで4-3-3

3の組み合わせはいろいろ考えらえるが岡田監督の本田1トップ採用してもいいんじゃないかな。

重要な「真ん中の3」は、今野、遠藤、長谷部。

そう、ここで今野を使いたい。
ボランチとしては展開力が劣るが、そこは遠藤と長谷部におまかせ。

仮に遠藤が不在の場合でも、4-2-3-1に比べて、対応しやすい。
もともと守備的な意識で戦うから。

とはいえ、ファーストチョイスは「4-2-3-1」。
うまく「4-3-3」と使い分けてほしい。

妄想ワールドカップ

2014年 ブラジルワールドカップ 決勝トーナメント1回戦 vs パラグアイ

前半は4-3-3
お互い慎重になり、ロングボールが多くなるも、冷静に跳ね返す(センターバックは身長高い2人を起用する)
徐々に落ち着きつつも、0-0のまま前半終了。

後半システム変更で 4-2-3-1
ここで今野をセンターバックへ
徐々に支配率を高め、得意のサイド攻撃から先取点。

ここからパラグアイの反撃にあうも一瞬のすきをつき、
本田、香川の見事な連携から追加点。

そのまま相手の攻撃を抑え切り、2-0で勝利!!

オフィス・ムックのFacebookページにもポチッと「いいね!」ボタンをお願いしますm(__)m
http://s.officemuc.jp/mm8WSx



{module [53]}

 
 

Profile